ColdSleep Tumblr

http://www.coldsleep.jp/

permalink

4年の放浪の果て、男は息子と一緒に女を捜しはじめる。
そしてヒューストンの下町の「のぞき部屋」で彼女が働いているのを見つける。
男は、女とそこで客として再会するのだ。
愛を復活させないように心を閉ざして、ストイックに再会するのだ。

「のぞき部屋」では客側から女を見ることが出来ても、向こうからは客の姿が見えない。
つまりはマジックミラー。
暗い方から明るい方を見ることはできるが、逆に明るい方から見るとガラスは鏡になっていて暗い方を見ることはできない。
写るのは自分の姿だけ。
向こうからは決して男の姿は見えない。常に一方通行。
声がマイクを通じて伝わるだけだ。


男は、ある友人の話として男と女の話を語る。
女は途中で話しているのが誰だか気がつく。
男は女の部屋の明かりを消させ、自分の顔に明かりを当てる。
女はマジックミラーの向こうに男の姿を見る。
そして逆に、男は女の姿を、見失う・・・。


名人ヴィム・ヴェンダーズはこのシーンだけで「男と女の愛とは何か」を描ききった。
いままで何千という映画が苦労して描いてきた、男女の愛のすれ違い、男と女の距離感、そして「愛のように見えたものの姿」を見事に象徴してみせたのだ。たった一場面で。


マジックミラーには自分の顔が写っている。
ぼんやり見える女の顔に重なって、自分の顔だけがはっきり見える。
なんてすごい場面だろう。
男の、女への「愛」を象徴するかのようだ。


相手への愛のように見えたもの。
それは「自分への愛」なのだ。

女を愛していたように見えて、男は「自分を愛していた」のだ。
自分が可愛かったのだ。
自己愛であり自己憐憫でありエゴなのだ。
愛している自分、愛しすぎている自分を愛しているのだ。
自分が嫉妬する分だけ、相手にも嫉妬して欲しいのだ。
自分が好きな分だけ、相手にも好きを求めるのだ。
自分が苦しんでいる分だけ、相手にも苦しみを与えたいのだ。
相手が傷つくことより、自分が傷つかないことの方に本当は関心があるのだ。

そう、それは自己愛にすぎない。

ボクたちは、わりと気軽に「愛」を口にする。
でも、それは決して相手のためではない。
自分のためなのだ。
そもそもそのレベルの愛とは、すべて自分のためだけのものなのだ。

「パリ、テキサス」|座右のシネマ (via handa) (via gkojay) (via urza358) (via konishiroku) (via fialux) (via axl5727) (via darylfranz) (via indivi) (via yksk) (via reretlet) (via mcsgsym) (via petapeta) (via lovecake) (via sakimura) (via yaruo) (via yaruolikes) (via yaruo) (via chiisanaehon)
permalink

同僚Aが相談を持ち掛けたときに上司Bが話した『夫婦円満のコツ』が予想外のものだった。
上司Bは「お互いにイライラしてどうしようもない時は5・7・5でメールしあうようにしてるよ」と言った。
俺は最初冗談かと思ったんだが、どうやら本当のことらしかった。

例えば上司Aの奥さんが洗濯物の件でイラッときた日のメールは、
上司の奥さん:靴下が 逆なんだけど 裏表
上司:あぁすまん 気を付けますね 明日から

個人的な話だが、上記のメールを見たときは早く結婚したくなった。

5・7・5でメールし合うことにすると色々利点があるようだった。
「イライラした際に思ったままを勢いでぶつけることがない。
つまり5・7・5というルールを設けることで、お互い一呼吸置いて考えることができる。
何より、どんなにイライラしていても5・7・5で送り合っていると笑えてくる」というようなことを言っていた。

それを聞いた同僚Aはえらく感動しており「早速試します」と言っていた。
(俺も感動したが試す相手がいない。)
しかし、同僚AはAの奥さんに前もって一切言わずに急に5・7・5でメールを送ってしまったようで、
喧嘩は更に最悪な方に向かったらしかった。
確かに、前もって言うことなく急に5・7・5が送られてきたら余計に神経を逆撫でするだろうと思ったわ。
でも何にせよ、上司Bのその方法はちょっと驚きだった。

permalink

日本を離れてわざわざ考えるというのも
なんだかおもしろいものだが、
「ことばづかい」って、大事なんだよなぁ、と。

篠原ともえさんが、わぁわぁとやっていたころ、
この人は、こんなに妙なかっこうして、
やたらににぎやかに騒ぎまくってるけど、
どうしていやな感じがないんだろうと考えた。
それは、すぐにわかった。
「ていねいなことばづかいができていた」のである。
過剰というほどではなく、丁寧語をつかっていた。
これだけで、なんとなく
その人の大事にしているものがわかるような気がする。

存在というか、姿や役割がへんに見えるのに、
「ことばづかい」がていねいな人という系譜があって。
「さかなクン」さんも、そういう分類に入ると思う。
最近では、壇蜜さんもそのジャンルなんじゃないかな。

悪いことばをつかうな、という教えは、
聖書の時代、いやもっと前からずっとあるだろう。
ていねいなことばをつかって
他人に見せるために「取り繕え」
ということではないのだ。

「どういう人であるか」というよりも、
「どういう人でありたいか」という気持ちが、
つかっていることばになって表われるのだと思う。
「どういう人でありたいか」という理想の持ち方は、
かなり重要な生き方に直結しているのではないかな。

生きていると、わからないことだらけだ。
知れば知るほど、わからないことが増えていく。
それは、まったくよろしいことなのだと思う。
そのうえで、「どういう人でありたいか」が、
とても大事と思えるのだ。
その「ありたい人」に、じぶんも、他の人びとも、
似てくるのではないだろうか。
遠い国までやってきて、そんなことを考えていた。
空や海や島は、「ことばづかい」がきれいだなぁと思う。 

permalink
給食は「まともなご飯というのはこういうものなのですよ」ということを教育するための物なので、給食費はメシ代ではなく教材費である。牛丼並盛250円とは意味が違う。給食費を渋る親はこれを理解していないか、あるいは(もっと悪いことに)食育に価値を認めていない。給食は飯の形をした授業だ。
permalink

47 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/19(金) 00:45:43.20 ID:eTQX4ZbX0.net
聖書のことですごい衝撃を受けたことがある
Android端末に聖書のアプリをインストールしておいたんだ
あの分厚い本がこんな手軽に持ち歩けるなんて便利な世の中だと思ったものだ
そしてある日

「聖 書 が 更 新 さ れ ま し た」

なんていうかすげえ衝撃的だった
更新されるんだ、あれ

permalink
「法」や「良識」よりも「信義」や「友情」を重んじる人々がいて、その彼らにとって「善悪」ならびに「正邪」は、法規範とはまったく無縁に、「敵か味方か」の区別だけで判断される。わかりやすい例では「任侠」の人たち。ワンピースの面々。チームのメンバー。運動の関係者。右にも左にもいる。
permalink
プリキュアのコスプレした男性レイヤーさんが、友達にコスプレを勧めてて、「いや、流石に女装ちょっと」と言われた時に言い放った「女装ではない、変身だ!」という言葉がカッコ良すぎて困る。
permalink
タイ人の友人が
「日本の女性は化粧に頼る。韓国の女性は手術に頼る。中国の女性はフォトショップに頼る。タイの女性は女性ですらなくて男性」と言っていて自国をオチにしていて不覚にも笑ってしまった。
permalink

留学中、女性の外国人教師に
「川の字で寝るとはどういうことか?」と聞かれた日本人女性
「子供を真ん中にして夫婦が寝るというコトです」
「こちらでは乳幼児でも別の寝室で寝る。夫婦の時間は大事!」

日本人女性、実家の母に電話して川の字の理由を聞く。再度説明。
「寄り添って眠っていれば、子供は安心する。いつもと違う寝息で
体調の変化などもすぐわかる。そういえば子供の頃怖い夢を見て泣いていると
すぐに母親が‘それは夢よ、大丈夫’と言ってくれて安心した」
それを聞いた女教師なぜかハラハラと涙を流す。

後日、その外国人女性は日本人男性と結婚。家族川の字で寝るという。
「子供の足に自分の足を絡ませて暖めるとき、幸せを感じる」とのこと。

よくわからんが外国人と日本人では、子育ての意識に違いがあって当然で
それは、話し合って乗り越えられないようなもんじゃないと思うぞ。

permalink
真面目に働いてる移民は職を奪う移民
真面目に働かない移民は福祉を食いつぶす移民

ってヨーロッパ人がいってた